3年目の冬

僕には、年上のメール相手がいる。
後輩のお母さん。

後輩とは、中学時代の塾が一緒で、高校が一緒で、部活が一緒で、今は大学が一緒。
僕は、今の大学に行きたかった訳じゃなかった。
でもね、後輩に言われたんだ。
「大阪市立大学なんて行かなくていいんすよ。筑波大学行って下さいよ!!」
僕は、少しむかついた。
だって、僕は筑波大学に受かる頭なんてなかったし、第一志望は大阪市立大学の方。僕としては、何としても大阪市立大学に受かりたくて勉強していた。
「なんで??」って聞き返すと、
「オレ筑波大学に行きたいんすよ。だから、また先輩と一緒がいいんすよ。」
僕は後輩のこの一言にやられた。こんな僕を先輩と慕ってくれる子がいるなんて。
結果は、後輩の熱意に負けたからか、勉強不足だからか、大阪市立大学には落ち、筑波大学に決まった。
後輩の一言のおかげで受かったような僕だから、後輩の受験期にはサポートをした。
受験前に一緒にご飯食べに行って、相談に乗ったり、行きたい学部の先輩の連絡先を教えたりと。
オープンキャンパス時には、僕の先輩を紹介したり、ただ見て終わりにするんじゃなくて、いろんなモノを得て帰って欲しかったから。
後輩のお母さんにも手紙を送ったりもした。
そんな後輩も今じゃ立派に成長したみたい。

今日も後輩のお母さんからメールが届いた。
同じ高校の後輩を僕と同じようにサポートしてるんだってね。
後輩の家族宛に、
「心配しないでつくばに来させて下さい!!」って手紙を書いたみたい。
両親からしたら、合格通知と同じくらい嬉しかっただろうね。
僕は間接的に聞いただけだけど、僕も後輩がそういった行動を起こしたコトが嬉しく、誇らしくもあった。
受験生のケアだけじゃなく、その親の心配も見えたんだからね。
だって、広島とつくばの距離はやっぱり遠いからね。
また1人、うちの高校からつくばにやって来るんだろうね。
僕と後輩の関係のように、後輩とその子の関係もイイ仲を築いてもらいたいね。
僕もその仲に入れてもらって、また3人で飲みに行きたいね。
これからは、僕が一番上だから、先輩みたいに奢らないとな。
僕はこのままいけば大学生活あと1年。
僕は後輩に何が残せるんだろう??
仲がイイ後輩にはもちろん、学部、県人、後輩はいるからね。。

とりあえず、新しい後輩の合格を祈ろ。
[PR]
by oohama30 | 2005-12-04 21:14 | daily
<< 席 ジーパン刑事 >>