後輩くん

ずーっと下に見てた後輩がいつの間にか成長していた。
嬉しいような、悲しいような。いや、、嬉しいね!

後輩と言っても、どっちが先輩なんか分からん関係だった。
そんな付き合いを中学時代からしていたにも関わらず、ずっと僕のほうが先輩だと内心思っていた。

でも久々に会ってみたら、僕よりずーっと前にあいつはいたんだよね。

僕はその間何してたんだろ??
僕は僕なりに頑張ってたつもりだった。
けど、それは自分の評価でしかないんだよね。
自分で自分を納得しとくしかなかったんだよね。
そんな自分にまた気づかされた。


あいつには、『夢』があった。

ずーっと聞いてた夢だけど、昨日は夢で終わるような空想の話じゃないように聞こえた。
あいつには揺るがない『軸』があったんだよね。
その先に目標があって、あいつはそこに向かって自分の足でしっかり前進していた。


同じ高校を出て、同じ大学に入ったのに、僕はまだ芽が出ない。

ヒトそれぞれかもしれんけど、言い訳には使いたくない。
使うなら、自分の道が見えたときだね。

先輩には学年年齢以上の差を感じ、後輩にも先を歩かれて、
僕はいつまでたっても後輩くんだね。
いつもヒトのうしろを付いていく、後輩くん。

同じ後輩くんなら、最終ラインをしっかり支えられる後輩くんにならないと。

まだまだ中途半端だな。
[PR]
by oohama30 | 2006-02-01 02:41 | daily
<< LOOKLOOK あ!!そうだ!! >>