また朝を端末で迎えてしまった。

これで何回目だろう。

実習中は、多くのトモダチと端末で朝を迎えてきたけど、今は春休み。
朝を迎えるという、この効率の悪さを平気で犯してしまう、我ら都市計人。

でも、今は静かな端末室。
もうあの日は、来ないんだね…
「辛い」という一言では片付けられないよね。


3月も下旬に差し掛かり、みんな4月を迎えるコトに喜びを感じ、若干の焦りと危機感を感じているコトだろうね。

また1つ学年が上がる。
これは自然の摂理なの??

一般的には、最高学年。

僕がこの大学で学んだコトは何だろう??
自分の進む道は、自由に選べられるってコト。…かな。
時間の使い方も含めて…

もしかしたら、もう1年大学生をしていて、最高学年を2回やっているかもしれない…

自分の時間は自分のモノだ。
だから、自分の使いたいように、使うんだ!

と、思っていたけれど、実際はそうじゃなかった…

今、一人暮らしをしていて、何もかも全部1人でやってきたように思っていたけれど、自分の時間は必ずしも自分のモノじゃない。

実習の時は、自分の時間を時に、調整して、グループの時間にしなきゃいけなかったし、
実家に居る時は、自分の時間よりも、家族の時間だし、
サッカーやってる時は、チームの時間

そして何よりも、今ここにこうしているのは、親の支えがあったからだ。


つまり自分の時間は、その時にいる社会の時間のようなもの。

と、思う。


僕はどうするべきか。

まだ悩んではいるけれど、
1日や2日で簡単に決められる問題ではないけれど、
僕は社会に出ようと思う。

朝が来ない夜がないように、
社会に出ないヒトはほとんどいないのだ。


ほとんどね。
[PR]
by oohama30 | 2006-03-30 07:49 | daily
<< そこのパトカー止まりなさい! バース・デイ >>