黒マニヨン人

誰がな!

高校の時。
サッカー部に属していたため、夏になるとありえんくらい黒かったらしい。
キャプテンも時間を考えて、練習日程考えてくれればいいのに・・・ と、何度思ったことか。

でも、「黒い!」と言われるコトが僕にとっては心地良かった。
同じ考えのトモダチもいたため、どっちが黒いか争ったほどだ。

「わしの腕の方が黒いわい」
「いいや!お前の腕の内側はおれんより白いじゃろうが!」
「じゃぁ、足はどうなんな?顔はどうなんな?」
「おれんが!」
「いいや!明らか、わしじゃろうが!」
・・・

そんなやりとりが、あったとかなかったとか・・・

あまりに勝負にこだわり過ぎて、自然にではあるけど焼きすぎた。
いや、太陽の下にいすぎた。

夏休み明け、授業中のコト。
先生が歩きながら、一人ずつに問題に対するアドバイスやコメントをしていた。
なのに、僕のところに来た先生は、一言。

「ドウトクくん!いい色に焼けたね。」

ちょっと!
[PR]
by oohama30 | 2006-08-03 19:41 | daily
<< せじょう top photo >>