アンマー/かりゆし58

初夏の晴れた昼下がり
私は生まれたと聞きました
母親の喜び様は 大変だったと聞きました
「ただ真っ直ぐ信じる道を歩んでほしい」と願いをこめて
悩み抜いたすえに この名を私に付けたと聞きました

我が家はあの頃から
やはり裕福な方ではなく
友達のオモチャや自転車を羨ましがってばかり
少し困ったような顔で 
『ごめんね』と繰り返す母の
となりでいつまでもいつまでも泣いたのを覚えてます

アンマーよ アナタは私の
全てを許し全てを信じ全てを包み込んで
惜しみもせずに 何もかもを
私の上に注ぎ続けてきたのに
アンマーよ 私はそれでも
気付かずに思いのままに過ごしてきたのでした

「強さ」の意味をはき違えて
ケンカや悪さばかりをくり返し
勝手気ままに遊びまわる 本当にロクでもない私が
真夜中の静けさの中
忍び足で家に帰ったときも
狭い食卓の上には 茶碗が並べられていました

自分の弱さに目を背け
言い訳やゴタクを並べ
何もせずにただ毎日をだらだらと過ごし続け
浴びる程に飲んだ私が
明け方眠りに落ちる頃
まだ薄暗い朝の街へ母は出ていくのでした

アンマーよ 私はアナタに
言ってはいけない決して口にしてはいけない言葉を
加減もせずに投げつけては
アナタの心を踏みにじったのに
アンマーよ アナタはそれでも
変わることなく 私を愛してくれました

木漏れ日のようなぬくもりで
深い海の様な優しさで
全部全部私の全てを包み込んだ
アナタの背中に負われながら
眺めた八重瀬岳の夕陽は
今日も変わらず茜色に街を染める

度が過ぎるほどの頑固さも
わがままも卑怯な嘘もすべて
すべてを包み込むような
愛がそこにはありました
アナタのもとに生まれ落ちたことは
こんなにも幸せだった
今頃ようやく気付きました こんな馬鹿な私だから

春先の穏やかな朝に
新しい命が生まれました
アナタの様に良く笑う宝石みたいな女の子
「優しさの中に凛々しさを秘めた人」になるようにと願い
アナタの一番好きな花の名前を付けました
[PR]
by oohama30 | 2006-10-10 00:29 | daily
<< 続  第2、3、4打席 学園祭 >>