つくづく

今では、ドアの鍵を閉めるようになりました。

引っ越して来たからでもなく、
泥棒に入ってこられたくないからでもなく、
ストーカーに追われているからでもない。

ただ単に、誰も入って来んなったからである。
小中高は朝おかんに起こしてもらうために、
大学時代では、トモダチが気ままに入って来れるためであり、(ウソ)
朝トモダチに起こしてもらうために、
鍵を開けておいた。

誰も入って来なくなり、入って来れなくなり、
ほんまに一人で生活するようになったが、やれば意外に出来るものである。
朝くらい一人で起きれるのである。

ただ良いのか悪いのか、全く自立性を感じられないが、
鍵を開けていた時の方が、よっぽど生活みがあったように思う。
過去に縋るのはよそうじゃないか。
それでもそんな過去があったことを懐かしく思う。


今週末が楽しみだ。
[PR]
by oohama30 | 2007-06-25 22:09 | daily
<< 1年 立ち振る舞い >>