乾杯

一段落してしまい、ビールを飲む機会をなくしてしまった。
事あるごとに飲んでいた頃が懐かしい。
その点、初々しさのある1年生は、おもしろい存在である。とにかく若い!


冗談として話していたことが、現実になる瞬間とはどんなもんなんだろうか?
当事者ではない僕は、考えるだけ無駄かもしれん。
だが、自分の事のように考えてしまうのは、付き合いの長さからなんかもしれん。


携帯電話が鳴る瞬間は、いつも決まっているのかもしれん。
ほとんど掛かって来ない人からもたまに掛かってくる。
そんな人たちがまとまって。何かを謀ったかのように。


こっちにも心の準備ってもんがある。
喜ぶべき話・嬉しい話なのは確かである。
ただ若干の寂しさもあるのが、正直な気持ちかもしれん。


とにかく今日は、おいしくお酒を飲んでもいい気がする。
乾杯♪
[PR]
by oohama30 | 2009-04-22 00:55 | friends
<< 右左 後輩 >>