カテゴリ:daily( 315 )

復活!

1ヶ月程、前のことになりますが、、、

僕のノートパソコンは壊れました。

保存していた資料、音楽、そして写真。
たった4年間しか使っていなかったのに、、、
とにかく壊れてしまい、ノートパソコンに入っていたものは全て失いました。

たった20cm四方の物に全てが入ってしまうなんて、出来すぎた話だったのである。

これから疑ってかかるコトにする。

とにかく、テレビがない生活が1ヶ月で終わって本当に助かった。
あ!間違った。失くしたのはパソコンで、テレビは未だない。
うそ。テレビチューナー内蔵しているパソコンを買ったから、実はテレビも持っている。
あと、ケーブルが必要。。テレビを見るのはまだ先のようである。
[PR]
by oohama30 | 2007-10-28 01:44 | daily

寮生活_1

たぶん。ないものねだりなのだと。

一人暮らしがしたくて実家を飛び出しのに、待っていたのは寮生活。
右も左も分からないせいで、寮生活と一人暮らしの区別も出来てなかったに違いない。
たぶん。大学時代の一人暮らしは、一人暮らしであって、一人暮らしでないと。

一人暮らしもすでに5年目を迎え、ふと思う。
実は、一人暮らしは“寂しい”のではないかと。

いつだってトモダチがいた。寮生活・大学時代の一人暮らし。
ふと今は?と思うと、同期、大学時代の友達はチャリで行ける距離にいない。
高校時代以前のトモダチはもちろんのこと。

純粋に、今寮な生活をするとどうなるんだろうか?
たぶん。楽しいは楽しいのだろうが、、、

昔、みんなを近づけていたのが、寮生活だったのが、
今、みんなを近づけているのは、昔の楽しい記憶なのかと。


d0052838_1382032.jpg

たぶん。こんな生活が待っている。
それでも朝早く起きるためなら、みんなに起こしてもらえる寮生活が今でも良いと思う。
たぶん。こんな生活だと誰も起きれやしない。
[PR]
by oohama30 | 2007-09-11 01:35 | daily

9月です。

2007年の。
気がつけば、夏休みが終わっていた。
そもそも夏休みなんてものはなかったのであるが、7、8月は夏休みという感覚はいまだにある。
遊ぶのは、土日。いや、平日も。
基本飲み。
入社して早6ヶ月が経とうしている。その間いろんなヒトと飲んできた。
そして昨日。いつものメンバーでの飲み会。
やはり飲みに飲む。
朝起きて、吐き気がして、実際に胃液吐いて、腹を下して、そして誓う。
「禁酒」
初日で解禁。
なんて弱い人間。無理な目標は立てないように。

日記の内容が最近どれも同じである。
[PR]
by oohama30 | 2007-09-09 22:05 | daily

学生気分

まだまだ抜け切れていないとしたら、相当問題だと思う。
けれど、この週末は学生気分の何者でもなかったような気がする。

金曜日の晩
まさかの飲み会ダブルブッキング。両方とも渋谷で行われ、メンバー全員がそれぞれ顔見知りというコトもあり、2つの飲み会を1つにまとめたとこから僕は参加した。 @23:00

朝5時までやっているという居酒屋に入るも、大騒ぎしすぎたため3度も注意され、つまみ出される。 @25:30

終電なんてあるはずもなく、タクシーに乗り込み大騒ぎの続き。ミスターはタクシーで泥酔。うちまで帰る。 ¥5,000
4人で飲み直すも、すぐに就寝。トイレの守護神、2人は雑魚寝、僕ベッド。 @27:00


学生の時と同じような飲みっぷり、潰れっぷり。どうしようもないようにも思う。
が、こんなアホな友達がいることが幸せです。
[PR]
by oohama30 | 2007-08-11 23:24 | daily

今週も残すところ・・・

あと1日なのである。

自分の不甲斐なさに腹が立つが、それでも前を向いて、歩を進める。
一歩一歩進めばいいじゃないか!と思いつつも、
一気に10歩進んだらと淡い期待もしている。
そんなことはまずありえないのだが・・・

まだまだなのに、今日1日で楽になった。
これで満足してはいられないのだが、今日1日だけは安堵させて頂く。

否応なく来月はやってくるので、明日からも歩を進める。
怒られつつも。。。


夏休みって素晴らしい制度だったんだと昔を振り返る。
今年の夏は休みが取れないので、
平日に行われる、
高校の同期会、友達との飲み会、サマーキャンプ、甲子園・・・
すべてに行けそうもない。
自分で一線を引いている。それもあるが、休みを取るために明日からも働こうと思う。
休んだって文句を言われない、そんな男に早くなりたい!いや、なる!

とりあえず週末は楽しんでやる!!
遊んでくれるヒトがいることが幸せです。
[PR]
by oohama30 | 2007-08-10 00:16 | daily

来たる夏

7月に入り、夏ばかりに目が行っていたようである。
よく考えれば、12分の1の一月なだけであるとも考えられる。
それによって、今苦しむ自分がいる。
当たり前のことすら出来ない自分に無性にイライラする。


日本には四季があり、
目を内から外へと広げると四季折々の祭事・催事・行事が行われているのである。
目を向けるべき先は、一点だけではない。

今年もまた母校の甲子園への道は、県予選の初戦で終わってしまったらしい。
盛り上がりにかけるが、今年もまた夏がやってくる。

大人になりきれないが、めちゃめちゃ騒ぎたくてうずうずしてきた。そんな週頭。
東京ではでっかい花火があがるらしい。

今年も行こう!甲子園。
夏休みはなくともおもろそうな夏がやって来た。

おもろいかどうかは、まず己を確立してからの話になるのだが。
[PR]
by oohama30 | 2007-07-24 02:22 | daily

3ヶ月

晴れて卒業、入学し、、
3ヶ月が過ぎ、少しずつ会社に慣れたと思っていた今日この頃。

ついに!!

みんなが恐れていたあれをついに!!お披露目してしまった。
課の飲み会でね。
先輩4人。
飲み飲まされ。

そして。。

ほぼ皆さん記憶ない。。

僕も。。

やはり酒乱です。。

でも楽しかった!!
そして皆さん楽しんでいた♪

でも、昨日出社してすぐにぶち怒られた。。
当たり前である。

僕は大人なのである。
社会人なのである。

おとなしくなりたいものである。
[PR]
by oohama30 | 2007-07-19 01:06 | daily

1年

今のうちは、1年で1番好きな季節がやって来た。
夏到来!!

昨年までは、2ヶ月間の夏休み。今となっては遠い過去のような気がする。。
大学だけで、計8ヶ月は夏休みがあったのだが、今となってはもっと上手く使えたように思う。
過去なんてそんなもんだろう。

それでも今を生きなくてはいけない訳で、
自分に課せられたモノを達成しようともがいている。

そんな今日。
やはり夏はいい季節だ。
汗を流すコトは気持ちの良いもんだ。

まだまだ始まったばかり。もっと頑張らないと!!
ほんまに。マジで。リアルに。正直。。
[PR]
by oohama30 | 2007-07-03 01:04 | daily

つくづく

今では、ドアの鍵を閉めるようになりました。

引っ越して来たからでもなく、
泥棒に入ってこられたくないからでもなく、
ストーカーに追われているからでもない。

ただ単に、誰も入って来んなったからである。
小中高は朝おかんに起こしてもらうために、
大学時代では、トモダチが気ままに入って来れるためであり、(ウソ)
朝トモダチに起こしてもらうために、
鍵を開けておいた。

誰も入って来なくなり、入って来れなくなり、
ほんまに一人で生活するようになったが、やれば意外に出来るものである。
朝くらい一人で起きれるのである。

ただ良いのか悪いのか、全く自立性を感じられないが、
鍵を開けていた時の方が、よっぽど生活みがあったように思う。
過去に縋るのはよそうじゃないか。
それでもそんな過去があったことを懐かしく思う。


今週末が楽しみだ。
[PR]
by oohama30 | 2007-06-25 22:09 | daily

立ち振る舞い

僕は仕事がヒトより遅いようで、今日も明日の準備やらで終電頃の帰宅予定。

そこへ先輩から晩御飯を誘われる。
もちろん晩御飯を食べに行く。
断ることは絶対にしない。なぜならその席でしか聞けない話、言えない話もあるからだ。
そんな環境はどうかと思うヒトも多いだろうが、2人という場はいろんな話を気軽に、時に重い話が出来るものである。
自分はこれを繰り返すことで、先輩たちとの関係性を構築しようとしている。
自分は、コミュニケーション能力なんてない全く兼ね備えていないのである。

その先輩はめちゃくちゃ優しいヒト。
誘いを断ることなんか自分の中では有り得ない。


その後、今度は飲みに誘われる。
もちろん答えは、「行きます!!」である。
ん??
仕事は?
断り文句はあったが、自分なんかが、「仕事なんで」と言うのは笑える話である。
次の日にまわすのも有り得ないことではあるが、明日は朝早く行けばいいだけの話である。
とにかく誘ってもらえる場には行く。

4人かと思いきや、結局7人に増えていた。
1年生は自分だけ。
いつから続いているのか知らんが、毎週上司・先輩と飲む。


今日もほろ酔いである。


憧れのヒトから言われた一言
「お前が今してもらっていると思うことを来年からはお前がしなさい。」

今までも数々の憧れのヒトから言われた一言である。
やはり自分は、下の人間を年下の人間を大切に思うヒトに憧れる。
自分はこれまで後輩たちに還元できていたのか不安になるが、来年からもこのスタンスは変えないつもりである。早くも来年のことを思う自分がいる。


明日はいつもより早く行かないと。。
それが自分の生きている道なのかとも思う。
[PR]
by oohama30 | 2007-06-20 00:58 | daily